八神剣太選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/4/6

2017年4月16日(日)にディファ有明で行われます「REBELS.50」にて闘ふ神主 櫻木崇浩選手と対戦いたします、八神剣太選手のインタビューを公開させていただきます。

── 先日J-NETの防衛戦がありましたね。防衛おめでとうございます!

八神 ありがとうございます。いつもと変わらず、全く相手の事も調べずにリングに上がりましたね。ただ内容は、やはりベルトを守るという意識が頭にあってポイントを取られない戦い方をしてしまって、応援に来てくれたお客さんに対して申し訳なかったなと反省しています。(ショボン)

── じゃあ、次はそんな試合はしないと?

八神 はい!そうですね!次の試合は、もっとガンガン行こうと決めてます。いや、でもタイトルマッチだしなぁ……やはり負けない戦い方をしないと……い、いや、ガンガン行きます!(笑)

── 一体どっちなんですか!(笑) 次の相手はイノベーション王者の櫻木崇浩選手とのタイトルマッチです。櫻木選手の事は知ってますか?

八神 勿論、知ってます!ただ僕は前も言いましたが相手のビデオを見たりとかは全くしないんですよね。

── えっ、少し見たりとかも無く、全く見ないんですか?

八神 はい。やはり、僕も観客の方と同じように、リングに上がってから「あーこの選手はこういう感じなんだ!」とか新鮮に感じて楽しみたいんですよね。

── あのーファンじゃないんで、そこは調べた方がいいと思うんですけど……

八神 いや、なんというか先入観を持ちたくないんですよ。この選手はローだと思ってたら、違った技で来られて慌てるとかしたくないんですよねぇ〜。そういった先入観を持たずに櫻木選手との初会合を楽しみたいですねぇ。今回は、とにかくお客さんを爆発させたいです。昔はもっとプロ意識あったなと。こないだの防衛戦終わった瞬間に「これじゃあダメだ!」と物凄く反省しましたよ……。

── じゃあ、今回は期待しちゃっていいですか?

八神 だといいんですけどねぇ……うーん……

── (ズルっ)いや、爆発させるって今言ったじゃないですか!?

八神 でもベルトがかかってますし、うーん……いや、今回は行きます!盛り上げないとと反省したんで!まあ、確約はできないですけど……

── そ、そうですか……相変わらず掴みどこがない八神選手ですが……話は変わって、前回のREBELSで負けた古谷野選手は意識しますか?

八神 そうですねぇ……そりゃ一回やった相手は頭のどっかで意識はしてると思います。まあ、前回負けたのですぐに再戦とは言えないですけどREBELS-MUAYTHAIのベルトを取ってやりたいですね。

── 本来はフェザーのワンデートーナメントの予定でしたから、リベンジの可能性も十分ありましたからね。それはまた次回以降のお楽しみになりそうですね。

八神 フェザー級って、本来花形階級じゃないですか?でもフェザー級でワンデーが見たい!って55kgみたいに盛り上がってるかと言うと、そんな感じではないような気がするんですよね。それが歯痒いですよね。それはなんでかというと、那須川天心選手みたいな絶対的な存在がいて「あいつの首を取ってやろう」という風にならないからなのかなと。やはり梅野源治選手の首を取ってやろうという選手が出てくるからKNOCK OUTのライト級トーナメントも注目されますしね。ただそうは言っても、僕がそうなってやるぜ!とかは全くないんですけど(笑)

── えー、こんだけフェザーは花形で盛り上げたいと言ってるのに??だって、八神選手だってJ-NET・WPMFのベルトを持っていて、今回勝てばREBELS-MUAYTHAIと3本のベルト保持者になります。そしてイノベーションのフェザー級王者の櫻木選手に勝つということは、実質的にはフェザー級で4本持つことになりますよ!!もっと自覚持って「俺がフェザー級最強だ!」ぐらいアピールしないと!!

八神 いやー僕は本当、のらりくらりとやっていきたいんですよ。正直いうと格闘技向いてないかも……いや、向いてないんですよ!(キッパリ)

── えっ?こんなに試合してベルトも取ってるのに?向いてない??

八神 はい。たまたま運良くベルトは貰えたのかなって(笑) だって、僕試合前に睨み合いする人とかいるじゃないですか?本当、あの意味が全く分からないですもん。記者会見とかで睨まれても、何していいか分からなくていつも困ってますし……。別にびびったりとかは全くないんですよ。でも、あっあっ、この感じなんなんだろ……どうしたらいいなかな?って(笑) で、試合終わったら、抱き合ってきたりしてさ……えっ昨日あんなに睨んで来たのに、なんで?!って。

── 確かにそう言われたら……いや、でもそれはねぇ、良くある風景だし、盛り上げる為じゃないですかね?

八神 多分未だに世間では、格闘技やるのがヤンチャな人とか不良だったりするイメージがあって、それをしないと盛り上がらないみたいな感じなんじゃないですかねぇ。僕も昔そうやれと言われた事ありましたけど、全くやらなかったですもん。みんながみんなそうだったら全部一緒じゃんって!個性が逆にないですよ!(ドン!)(机を叩きながら) だから僕、計量会場嫌いなんですよ!(ドンドン!)

── えっ、な、なんでですか?

八神 だって、計量会場ってみんな無駄にピリピリしてるじゃないですか。みんな、よくあんなピリピリしてる場所に入れるなと思いますね。ハート強いなって。今ピリピリしてもしょうがないじゃんって思うんですよ。だから、試合以外の時はオンオフのスイッチがはっきりしてるタイ人選手なんて、すごく好きなんですよね。

── そうですね、タイ人選手は計量は勿論試合直前まで普通にしてて、試合になるといきなりバチっとスイッチ入りますよね。あれは日本人では中々いないですね。

八神 そう。そこは本当に一緒の感覚なんですよ。もっと言うとタイ人って、勝ち負けすらあまり気にしてないというか、いや、気にしてるけど負けちゃった、しょうがない、次!みたいなとこあるじゃないですか?

── そうですね。日本人みたいにいちいちこの試合負けたら、もうダメだ!辞める!みたいなの無いですねぇ。

八神 良く僕が思うのは、いや、これ言ったら誤解されちゃうかな……言わない方がいいかな……

── ここまで言ったら言ってくださいよ!

八神 ジムの仲間の人とかがデビューするじゃないですか。そして何戦かして負けてしまったりするとすごく落ち込んで、自分の全てを否定するくらいネガティブな感じになってしまったりして、自分の中の黒歴史にしてしまうじゃないですけれど……そういうのを見ると、そこまで勝ち負けにとらわれなくてもいいんじゃないかなと思っちゃうんですよね。あっこれはあくまで僕の考えですよ!誤解しないでくださいね!

── 大丈夫ですよ(笑) 言いたいことは分かります。

八神 せっかく好きでやってるキックでデビューしたのに、負けた事で自分の中で黒歴史になってしまって、これだったらアマチュアでいた方が戦績も良くて本人にとっても良かったんじゃ……なんて。だからもっとお祭りだと思って楽しもうよ!じゃんけんで負けても落ち込まないじゃん!戦績なんて消し去ってしまえ!!――そんなメンタルでみんながいけたら、もっと興行が盛り上がるのかな?と……まあ、無理ですけどね……あっこんな事、僕ごときが言うと嫌われちゃうので、やっぱ無しで!日本人はこういうの無理ですよねぇ……。

── 八神選手が言いたい事は、みんな分かると思いますよ。ただ中々そこまで振り切れるようになるのは日本人のDNAでは難しいかなと思います。でもそんなメンタルでいけたら、もしかしたら試合が面白くなるのかもしれませんね。八神選手の前回の試合みたく守りに入る事ないでしょうし(笑)

八神 あっ……それを言われると……。(ショボン) 今回は意識変えていきます!(キッパリ) その時その時の勝敗を気にせずに(負けていいやという事では無く)、自分の持ってる力を出し切る試合をします!!(キリッ)

── 期待しています!ありがとうございました!

八神 はい、こちらこそありがとうございました!大丈夫かな、こんな生意気な事言って批判されないかな……あっでも勝ったらREBELS-TVにまた呼んでください!宜しくお願いします!

○プロフィール
八神 剣太
所  属:レジェンド横浜
生年月日:1986年4月12日生まれ
出  身:神奈川県
身  長:172cm
戦  績:35戦22勝(8KO)12敗1無効試合



伊藤健人選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/3/27

2017年4月16日(日)にディファ有明で行われます「REBELS.50」にて古谷野一樹選手と対戦いたします、伊藤健人選手のインタビューを公開させていただきます。

── 今回REBELSで古谷野選手との試合が決まりましたが、心境はどうですか?

伊藤 正直REBELSに出ることが目標ではなくて、相手が一応チャンピオンってついてるので、それに勝ってKrushに戻るのが目的ですね。やはり目標は最初から言ってるんですけど、Krushの58kgのベルトを獲ることで、小澤海斗選手に勝つことなんで。最近僕自身が少しイマイチなん感じなんで、今回はその為(Krushに戻る為)の試合かなと思ってます。

── REBELSは知っていましたか?

伊藤 まだアマチュアの時に先輩だったT-98さんとかが出てたんで、なんとなくしか分からなくて、よく知らないというのが本当のところですね。

── 今回出るのも、相手がチャンピオンじゃなきゃ出なかった?

伊藤 そうですね、相手が一応チャンピオンというのは大きいですね。中々そういう機会もないですし。

── 相手の印象はどうですか?

伊藤 すごくオーソドックスな選手ですよね。基本に忠実というか、綺麗な戦い方をする選手。

── 結構ハードパンチャーで殆どKOで勝ってる選手ですが、それは知らなかったですか?

伊藤 へぇ、そうなんですか(興味なさそうに)。

── あまり相手の研究はしない方?

伊藤 いや映像は軽く見ましたね。これからしっかり見ようかなと思ってます。

── どうですか、パッと見た印象は?

伊藤 チャンピオンですけど、正直K-1、Krushに出てる選手と変わらないかなと思います。

── というのは?チャンピオンのレベルではない?

伊藤 はい。そう思います。まあ、僕が言うのもなんですけど(笑)。

── ズバリ自信はありますか?

伊藤 はい。ありますね。

── どんな試合展開になると思いますか?

伊藤 試合展開はこうしようというのはありますけど、そこは決めつけずに練習をやっていますね。

── ではそんな倒してやろうとかはこだわってない?

伊藤 いや、今回は倒しきる事が目標なんで、倒しますよ!

── 初めて伊藤選手をREBELSで見る人もいると思うんですが、その人達に何を見せたいですか?

伊藤 まあ、正直REBELSにずっと上がるわけじゃないと思うので、初めて来た選手にREBELSのチャンピオンが負けちゃうんだというのを印象づけようかなと思います(ニヤリ)。

── それでは、最後に古谷野選手へメッセージをお願いします。

伊藤 会った事もないので特に何を話す事もないですけど、他団体(Krush)から来て、チャンピオンという肩書きを叩き潰しに行くんでよろしくお願いします(笑)。

○プロフィール
伊藤 健人
所  属:K-1ジム目黒 TEAM TIGER
生年月日:1993年3月19日生まれ(23歳)
出  身:東京都
身  長:174cm
戦  績:14戦5勝(1KO)5敗4分



古谷野一樹選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/3/27

2017年4月16日(日)にディファ有明で行われます「REBELS.50」にて伊藤健人選手と対戦いたします、古谷野一樹選手のインタビューを公開させていただきます。

── 古谷野選手は、住んでいるところからこのジム(茨城県古河市)まで車で1時間半程かかるんですよね。その為に中々取材の機会も無かったので、インタビューは初めてじゃないですか?

古谷野 はい。初めてですね。緊張します(笑)。

── どうですか?REBELSのチャンピオンになって何か変わりましたか?

古谷野 そうですね、なったからと言って強くなるわけじゃないですから、自覚を持って練習しないといけないなと感じています。やっぱり他団体の人に負けちゃいけないなっていうのは、強く思いますね。REBELSに育ててもらってそのベルトを巻いたという事は一番嬉しい事で、今回も他団体の人とやるチャンスをもらえて、すごくありがたいなって。仕事の都合上毎日ジムに来る事は難しいですが、その中で上手くやり繰りして、臨みたいと思います。

── まずはREBELSのベルトを巻いたわけですが、古谷野選手のこの先の展望は?どんな事を考えていますか?

古谷野 夢ですか……やっぱり昔から格闘技と言ったらK-1というくらい大きな舞台なので、出てみたいなという気持ちはありましたね。だからこのチャンスをしっかり生かしたいなと考えてますね。

── そうなると、もしこの試合に勝てばK-1やKrushという展開もあると思うのですが、古谷野選手のアピールポイントはなんですか?

古谷野 まだまだ知名度は低いですが、自分は打ち合うし、勝つときは殆どKOなので、そういう意味ではK-1、Krushを見てる人にも楽しんでもらえると思いますね。向いてるかなと(笑)。

── 今回、Krushに出てる伊藤選手とやりますが、伊藤選手はどの位置にいる選手と認識してますか?

古谷野 大岩龍矢選手っているじゃないですか?自分は昔REBELSでやって大岩選手に勝ってるんで、それを考えるとそんなトップ戦線にいる選手ではないのかなとは思います。まあ、昔の話なので今は全然違うとは思いますが。ただ、自分はK-1も当然好きで、毎回見てたんですよ。でもまさか自分がその選手達とやる事は無いだろうと。一ファンに近い目線というか。でも今回こういうチャンスが回ってきたんで、もし闘うとしたら?どうするか?って考えるようになりました。

── 向こうのトップどころとやって、いけそうだな?って思いますか?

古谷野 いや、まずはしっかり目の前の試合に勝ってですね。今回の試合をクリアしたら、今まで以上に練習して、より強い相手とやって行きたいです。

── 伊藤選手は、相手が他団体のチャンピオンだからこの試合を受けたと言っています。そして、他団体のチャンピオンを倒してKrushにお土産を持って行くのがモチベーションだとも言っていますが、そこら辺はどうですか?

古谷野 それは、自分ももしチャンピオンじゃなかったら喰ってやろうって気持ちで行くので、当然の感情だと思います。それに負けないように自分も行くので、そこは気になりません。そして、やはり今の格闘技界で盛り上がってるのはK-1、Krushで一番メジャーだと思ってます。でもREBELSにも面白くていい選手がいるんだぞって見せてやろうと思いますね。今と同じ様に、パンチでしっかりKOします!

○プロフィール
古谷野 一樹
所  属:クロスポイント古河
生年月日:1992年10月6日生まれ(24歳)
出  身:栃木県
身  長:173cm
戦  績:12戦10勝(7KO)2敗



宮元啓介選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/3/1

2017年3月11日(土)に後楽園ホールで行われます「REBELS.49」にて炎出丸選手と対戦いたします、宮元啓介選手のインタビューを公開させていただきます。

「僕の中で前回の炎出丸戦は最も振り返りたくない試合なんですよ」

聞き手:布施鋼治


―― 昨年8月以来のREBELS参戦です。

宮元 僕、REBELSでいい結果を出していないんですよ。記憶が正しければ一回しか勝てていないので(14年3月16日 VS裕喜。3R判定勝ち)、今回は勝たないとなと思っています。

── 2016年を振り返ってみたら?

宮元 五分五分ですね。WPMFの世界王座を獲れたことは良かったけど、12月のKNOCK OUTでは負けてしまったし(VS小笠原瑛作 3RKO負け)。

── 気持ち的にはマイナス要素を吹っ切って新年を迎えた感じ?

宮元 そうですね。

── ということは今回の一戦は非常に重要になってきますよね。

宮元 絶対負けられないなと思います。

── しかも、今回はリベンジマッチ。

宮元 ハイ。僕の中で前回の炎出丸戦は一番振り返りたくない一戦なんですよ(苦笑)。正直、ほかのKO負けよりもイヤ。あの時は僕は炎出丸選手を甘く見ていた部分があって、首相撲でも勝てると思っていた。でも、あの負けがあってからからこそ、もっと練習にも、もっと首相撲にも取り組むようになった。もしかしたらあそこで負けておいて良かったのかなとも思いましたね。

── 炎出丸選手に負けたのが悔しすぎて、すぐタイに行ったという話も聞きました。

宮元 ハイ、1カ月後くらいに2週間ほど滞在しました。別の環境で練習するということも自分にとっては大きなプラスになりましたね。首相撲やマススパーなど、タイの練習も体験することができたし。

── 再戦のイメージは?

宮元 向こうも前回より全然強くなっていると思います。僕も首相撲ができるようになったし、いろいろな面で強くなったので。まだどういうふうに闘おうかまでは決めていませんけど。自分の良さをどんどん出していければと思っています。

── 最近の炎出丸選手の動向は?

宮元 正直あまり見ていない。一度負けたからといって、あまり気にしていなかったので。

── 向こうは背水の陣で臨んでくることが予想されます。

宮元 お互い絶対負けられない闘いなので、すごく面白い試合になると思います。

── 周囲からのハッパは?

宮元 橋本(敏彦)師範や町田光選手からもたくさんかけられています(苦笑)。父からは「今回負けたら、もう上にはいけない」とは言われました。

── 勝ったら次のターゲットも定めている?

宮元 正直、前回は小笠原選手にああいう負け方をしているので、炎出丸選手に勝ったからといってデカいことは言えないでしょう。組まれた試合をコツコツ勝ち続けて、KNOCK OUTに出続けられるような選手になりたい。

── 試合では、どんなところに注目してほしい?

宮元 蹴り技は見ていると思うので、今回も蹴りはいっぱい出すつもりだけど、首相撲もうまくなっているところを見せたい。パンチ力も上がっているので、そこにも注目してほしいですね。

── 蹴りだけの宮元啓介ではないぞ、と。

宮元 そうですね。そんなことをいって、また蹴りだけになってしまうかもしれませんけど(苦笑)。

○プロフィール
宮元啓介
所  属:橋本道場
生年月日:1992年12月16日生まれ(24歳)
出  身:埼玉県
身  長:168cm
戦  績:39戦24勝(9KO)10敗5分




^