スアレック・ルークカムイ選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/6/6

2017年6月11日(日)に後楽園ホールで行われます「REBELS.51」にてピラオ・サンタナ選手と対戦いたします、スアレック・ルークカムイ選手のインタビューを公開させていただきます。

── こんにちは!試合まであと少し少しですけど、調子はどうですか?

スアレック コンニチハ!ダイジョブデース(ニコニコ)。コンカイハイッパイレンシュウシテマスカラ、KOシマス!


※ここから日本語にします※


── 1日の練習メニューはどんな感じですか?

スアレック 朝起きて、1時間半走ります。

── 1時間半も!?

スアレック はい、走るの好きなんですよ。(ニコニコ) そのあとは14:00から22:00までここ(スタージス新宿ジム)で働いてます。その間に練習をしてます。

── 夜の練習はどのくらいやるんですか?

スアレック ミットを5Rとスパーリングを僕1人に日本人4人ぐらいで休み無しでやりますね。だから今回はスタミナありますよ!KOします!(ニコニコ)

── そういえば、先月はKunlun Fightで試合しましたね。どうでしたか?

スアレック うーん、勝ったと思ったけど、ポイントがワカラナイデース。(ショボン)

── 攻めてたのはスアレック選手なのに負けだったと報告がありました。

スアレック はい、でも中国の選手はスタミナがありますね。タイ人のトレーナーも沢山いるので、強くなってますね。あと、お客さんが一杯ですごく盛り上がってました。相手の攻撃はワーって凄い歓声で、僕の時はシーン(笑)。

── やはり、ホームタウンディションがあるんですかねぇ……それでは前回の潘選手の試合を振り返ってもらいたいのですが。

スアレック あの試合も勝ってると思いました……。(結果はドロー)

── 次やったらどうですか?

スアレック 僕が勝ちます。(ニコニコ) 僕の方がムエタイの技と経験が豊富ですし、今は練習一杯してるから、スタミナも大丈夫!マイペンライです(笑)。

── では、トーナメント決勝にくるのは誰だと思いますか?

スアレック 多分潘選手だと思います。

── ほう、それはどうしてですか?鈴木選手や杉本選手、馬木選手の試合を見たことがあるんですか?

スアレック 見たことないです、はっはっはー。でも分かります。多分潘君がきますね。まあ、だれが来てもダイジョウブ!みんな倒しますよ!

── 流石スアレック選手、自信満々ですね!トーナメント優勝した後ですが、誰かやりたい選手とかいますか?

スアレック やりたい選手……いないなぁ……。うーん、誰でもいいです。(ニコニコ) KNOCK OUTとかも出たいですね!

── いないんですか……では日本人選手で好きな選手はいますか?スアレック選手から見て、この選手試合面白い!とか思う選手。

スアレック REBELSだと、あれは面白いですね……オガシャワラ?

── あ~瑛作ですか?

スアレック そう、ガンガン前に攻めるでしょ。後マエグチさん?

── 一回やった前口選手ですか?

スアレック そう、今は仲良いです。ラインもしてます。(ニコニコ)

── タイ人の人はそういうの全然気にしないですよね。潘選手とも試合前ご飯食べた事あるとか。

スアレック はい。あははは~~友達に呼ばれて行ったら、潘君が隣に座ってました。「試合何ラウンドですか?」って聞きました(笑)。タイでは試合は試合、それ以外は普通です。(ニコニコ)

── 潘選手は「めっちゃ気まずかった」って言ってましたよ(苦笑)。

スアレック 潘君も前口さんも今は友達ですね。でも試合もダイジョウブ!

── そこら辺が日本人とは違うメンタルなんですよね。勉強になります。ところでスアレック選手は、タイ人には珍しくウェイトトレーニングをかなりやるそうですけど?

スアレック はい。ムエタイ選手の時は全くやらなかったですが、MMA始めてからウェイトトレーニングを始めたらなんかパンチに力が入るようになって、KO出来るようになりましたね。だから今でもやってます。

── 今度の相手のピラオ・サンタナ選手もパンチがかなり重いそうですよ。しかもブラジル人でカポエイラの足技も得意だそうです。

スアレック ダイジョウブです!パンチ得意な人は怖くない。肘を合わせます。そういえば、僕タイでブラジル人とやったことありますよ!しかも85kgの大きな人と。

── えっ?スアレック選手は何kgだったんですか?

スアレック 64kgくらいかな?でもKOしました(笑)。パンチをバンバンふってきたんで、肘を合わせたらパンチ出せなくなって、ワンツーローキックを何回も出してKOです。(ニコニコ) 相手の人、終わった後足が痛くて泣いてました。(ニコニコ)

── す、すごいですね、20kg以上差のある選手を倒しちゃうなんて……まあその前にその試合が組まれちゃうことなんて日本だとあり得ないですが……。

スアレック タイではよくありますね。お祭りとかだとね。しかもその人、僕とやった3ヶ月後にマレーシアでトーナメントに出て優勝してました(笑)。びっくりしました。(ニコニコ)

── じゃあ結構な実力者だったんじゃないですかね。

スアレック わからないですけど……だから今度のブラジル人も多分ダイジョウブ!KOします!

── 間違いなく会場が湧く試合になると思います。楽しみにしてますね!ありがとうございました!

スアレック アリガトウゴザイマシタ!

○プロフィール
スアレック・ルークカムイ
所  属:スタージス新宿ジム
生年月日:1986年5月16日生まれ
出  身:タイ
身  長:166cm



安本晴翔選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/6/5

2017年6月11日(日)に後楽園ホールで行われます「REBELS.51」にて松崎公則選手と対戦いたします、安本晴翔選手のインタビューを公開させていただきます。

── 初インタビューですね。よろしくお願いします。

安本 押忍!よろしくお願いします!

── 初のタイトルマッチですけど、数々のアマチュアタイトルを獲得してきた安本選手にとってみたら、別になんてことない普通の試合みたいな感じですか?

安本 いや、そんな事ないです!凄く緊張してます、はい。今回は学校の友達も来てくれますし、やはりプロのタイトルは違います。

── 意外だなぁ。てっきり全く緊張してなくて、練習とかも普通にやってるのかと思ってました。

安本 今回は、やはり練習も闘い方を考えながらしてますよ!

── では相手の研究とかもしてますか?

安本 先輩とやってるのを見てるんで。肘には気をつけようかなと思ってます。

── なんか聞いてると楽勝だろうみたいな雰囲気が感じられますが……。

安本 楽勝かどうかは分からないですけど、まあ勝ちますけど。(キッパリ)

── そ、そうですか、流石ジュニア24冠王です(汗)。ベルトを取った後の目標とか聞いてもいいですか?

安本 うーん、ルールにはこだわりは無くて、大きな大会にドンドン出ていきたいですね。体重もライトぐらいまで増やしたいと思ってますし。

── ライトまで!?じゃ、じゃあ……やりたい相手とかって、まさか……。

安本 勿論梅野源治選手とやりたいですね。あと那須川天心選手も是非!それから、啓介君ともやりたいです!同門対決で(笑)。

── ひぇ……まさかの下克上宣言!!でもそれが冗談に聞こえないから怖いですね。なんと言ってもまだ17歳。卒業したら、やはりキック1本で?

安本 一応大学には行きたいと思ってるんですけど……。

── けど?

安本 成績がやばくて……(涙)。親が行って欲しいと期待してるんで、期待に応えたいと思ってるんですけど……。まあ、この試合終わったら勉強頑張ります!!

── キックの天才児も勉強には勝てないわけですね(笑)。ではこの試合を無事に終えて、大学に行けるようにしっかり勉強してください!

安本 はい。3Rぐらいまでには終わらせちゃいます!

── 今日はありがとうございました!

安本 押忍!

○プロフィール
安本 晴翔
所  属:橋本道場
生年月日:2000年5月27日生まれ
出  身:東京都
身  長:172cm
戦  績:5戦5勝(1KO)


松崎公則選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/6/5

2017年6月11日(日)に後楽園ホールで行われます「REBELS.51」にて安本晴翔選手と対戦いたします、松崎公則選手のインタビューを公開させていただきます。

── タイトルマッチまであと1週間となりました。調子はどうですか?

松崎 前回の試合から1ヶ月ちょいと短かったので怪我が心配だったのですが、もう治ったので大丈夫ですね。しっかり練習できてます。

── また何故こんな試合を短期間でつめこんだんですか?普通年取ってくると試合を減らすもんなんですが。

松崎 まあ、気分というか、成長してやろうかなと。出来るうちにやっておきたいというのもありますね。

── なんか前向きですね!それで前回の試合はどうだったんですか?

松崎 前回はかなり熱い試合が出来ましたねぇ……久々に熱いものが蘇ってきた感じがして楽しかったですねぇ。(じんわり)

── では結構いい感覚が掴めてきてる感じですね。そこで今回のタイトルマッチですが、最強の挑戦者と言ってもいい選手ですよね?

松崎 はい。安本選手は、若いし(17歳)、スピードもあるし、テクニックもすごい。加えて背も高いのでかなり警戒しなければいけない相手ですねぇ……。

── その最強の挑戦者に対して、テクニシャンの松崎選手がどう対応するかがみんなの注目しているトコなんですが、どうですか?

松崎 そうですねぇ、僕は遅いですからねぇ……そこでは勝てませんよね……勝っているところは経験、体力、そして何と言っても気持ちの部分だと思います。そこは自信がありますね。(キッパリ) それから、ああいう上手い選手には気楽にやる事ですね、ふふふ(笑)。

── な、なんか松崎選手の力の抜け具合が底知れぬ怖さの様に感じてきましたよ……。ところで前回の試合の時には無職だとおっしゃっていましたが、今は?

松崎 それが、まだ無職なんですよ(笑)。

── えっ?まだ?失礼ですが、ご結婚されてますよね?

松崎 ええ、ちょうど今日で1周年記念なんです(笑)。

── お、奥さんは何か言われないのですか?働いてくれとか……。

松崎 いやー別に特には……。

── 仕事してないということは、朝から練習して2部練とかですよね?

松崎 朝は大体寝てますねぇ……ゆっくり9時くらいまで寝てて、走ったりとか……家事手伝いをしたりとか……。

── ちょっと待ってください!走ったりとかって、毎日必ず走るんもじゃないですか?フィジカルをやったり。

松崎 そこは無理をせずに、その時の調子で(笑)。走ったり走らなかったりですね、はっはっ(笑)。

── まあ、歳ですからね、あまり無理してはいけませんよね!分かりました。午前中はのんびりして身体を休めて、午後は何時から練習ですか?

松崎 うーん、8時半から12時まで練習です。

── えっ、これはまた随分と遅いですね。練習行くまでは何をしてるんですか?

松崎 買い物したり……あっ、勉強もたまにしてますよ、整体の。

── な、なんか想像していた感じと大分違いますね(汗)。仕事をしてないと聞いて、1日中ストイックに練習に打ち込んでいるものだとばかり思ってました……。かなりのんびりと生活されている感じが……。

松崎 2・3年この生活を続けているんですが、そろそろまずいですかねぇ(笑)。個人的には整体の仕事もやっているんですが、ほとんどお客さんはついてないですし、はっはっ(笑)。でも普段はダラダラしてますが、練習の時は集中してます。やる時はやるんで。(キリッ) まあ、この試合終わったら少し生活を整えようかな、流石に。

── いや~本当に寛大な奥様ですねぇ。

松崎 そっちの面では本当に助けられてますね。彼女もキックやってるんで理解してくれてます。

── 松崎選手の知られざる私生活が分かってきたんですが、肝心のタイトルマッチについてもお聞きしたいです。どんな試合になりそうですか?

松崎 後半までもつれ込んで、最後にちょっと魂を魅せる様な試合がしたいですね。倒したいと思ってます。

── 松崎選手と言えば、中年男性から圧倒的な支持を受けてますからね!

松崎 女性の支持も受けたいとも思いますけど、こればっかりはまあしょうがないですからねぇ(笑)。でも中年男性だけでなく、皆さんが熱くなれる様な試合を魅せますよ!!

── ありがとうございました!

○プロフィール
松崎 公則
所  属:STRUGGLE
生年月日:1975年7月29日生まれ
出  身:東京都
身  長:162cm
戦  績:38戦18勝(10KO)17敗3分
タイトル:REBELS-MUAYTHAI スーパーフライ級王者



良太郎選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/6/5

2017年6月11日(日)に後楽園ホールで行われます「REBELS.51」にて津橋雅祥選手と対戦いたします、良太郎選手のインタビューを公開させていただきます。

── さっそくですが、先日REBELS-TVに向かう途中で職質にあったらしいですね?

良太郎 そうなんですよ!少し迷っちゃって、携帯見ながらウロウロしてたら、「君、なにやってるの?」って。もう必死に携帯にあるREBELSさんからのメッセージ見せて、説明しましたよ(苦笑)。

── 職質ってよくされるんですか?失礼ですが僕は全くされた事がないのでわからないんですが……。

良太郎 BLUE DOG GYMのある池袋とかだともう、しょっちゅうですね……また困るのが鞄の中にBCAAとか白い粉が入ってるじゃないですか……それを見て「なんだ、これは?」って言われて、いや違うからといってもBCAAを検査キットで調べられたりして……。

── もしかして、あっちの白い粉と思われて?(笑)

良太郎 そうなんですよ、あの○○○だと思われて、警官がワラワラと集まって来ちゃって。で、勿論反応なくて解放されるんですけどね(笑)。まためんどくさい事に、バンテージなんかも見つかると「これは何に使うんだ~!(怒)拘束するのか!?」なんて疑われて、もう収集つかない。本当に大変っす……(涙)。

── 心中お察しいたします……。さて、もう試合まで一週間となりました。どうですか?

良太郎 そうですね、最近コンスタントにREBELSで試合出来ているのですごくコンディションがいいです。

── なるほど。それに加えて最近は試合内容も面白いと言われるようになってきたそうですね。

良太郎 はい(笑)。以前は判定でそつなく勝っても「お前の試合は本当につまらない!」とか「金返せ」とか言われてたんですけど、最近は「面白かった」とちょろっと褒めてもらえるようになりましたね(笑)。でも僕が帰る頃には、皆んな飲みに行って誰もいないんですけど……(涙)。

── 対戦相手のインタビューは読みました?

良太郎 読みましたね~。またもや周りの人から「おい、なんか今度はリスペクトされちゃってるぞ(笑)」って、ツッコミがありました(笑)。まあ、いい子なんでしょうねぇ(苦笑)。

── 津橋選手がSNSで“殺す”発言をした時に、良太郎選手の周りの人が盛り上がったじゃないですか?本人的にはどうでした?

良太郎 面と向かって言われた訳ではないんで、別になんとも思わなかったですね……うん。まあ、練習前のモチベーション的には良かったかなぐらい。僕やBLUE DOG GYMの人達がそんな事したら完全そっちのキャラで洒落にならないですけど、津橋君はそういうキャラじゃないですからねぇ。気にもならないっすね。(鼻で笑う感じで)

── そんな事でカッカするより、津橋選手のビデオを見て研究した方がいいと?

良太郎 いや、対戦相手の研究はあまりしないんですよ。固定概念に捕らわれて、全然違うことをやられた時に慌てたくないんで。 ようやく20戦を超えて試合中にゲームプランを組み立てられるようになってきて、反復練習した事が出るようになった段階なんですよね。BLUE DOG GYMの先生にも基本の反復練習を徹底させられるんで、それがしっかり出れば負けないと思います。

── 今はBLUE DOG GYM所属ですが、以前はどこのジムだったのですか?

良太郎 前は藤ジムの千葉支部の内弟子でしたね。

── えっ!あの魔裟斗選手や藤つかさ選手がいた藤ジム?

良太郎 そうです!そこに20歳の2007年から2013年まで内弟子としていました。朝10時から夜10時まで休憩無しで、全員の相手をしてその間に自分の練習をするという感じでしたね。

── か、かなりハードな勤務でしたねぇ。内弟子だったら中々移籍は厳しいと思いますが、どうしてBLUE DOG GYMに移籍する事になったんですか?

良太郎 ジム自体が閉鎖になってしまったんですよ……それでフィジカルや走り込みなどで以前から一緒に練習をさせて頂いていたBLUE DOG GYMの方に誘われて、BLUE DOG GYM所属になったんです。

── BLUE DOG GYM所属でありながら、TEAM AKATSUKIという自分のジムも持ってますよね?これはまたどういった事から?

良太郎 さっき言った藤ジムの閉鎖によって、そこに通っていた子供達の練習する場所がなくなってしまったんですよね。で、子供達が部活に入らないでキックやりたいと泣きながら訴えてきたので、それならばちゃんと面倒見てあげようと。元々全部僕が指導していたので。なので、週3回はBLUE DOG GYMで練習に行き、週3回は僕がAKATSUKIで指導という生活ですね。

── AKATSUKIも選手育ってきてますよね。佐藤レイナ選手とか。ずっと子供の頃から指導されてると、選手の成長も本当に嬉しいのではないですか?

良太郎 はい、それはもう。ずっと一緒に歩んできてるんで、みんなと一緒に一番いい景色を見たい!というのが、選手としても代表としても一番のモチベーションになってます!

── 今回の大会では、良太郎選手の階級のREBELSライト級のベルトが返上されますよね。いずれ、王座決定戦という流れになると思うのですが、意識はされますか?

良太郎 勿論、僕はREBELSにずっと出てるので最初から狙ってますよ。(ニヤリ)

── 津橋選手もREBELSに試合しをにきたのではなく、ベルトを獲りにきたんだと発言してます。そういう意味でこの試合は、トーナメントではないですけど雷電HIROAKI選手の返上した空位のベルトに一歩近づく試合と言えますね。

良太郎 はい!REBELSのベルトが一番欲しいので、勝ちますよ~!(鼻息荒く) 自分は殺すなんて、とても言えませんけどね。(ニヤリ)

○プロフィール
良太郎
所  属:池袋BLUE DOG GYM
生年月日:1988年12月21日生まれ
出  身:千葉県
身  長:178cm
戦  績:22戦9勝(4KO)9敗4分
タイトル:TRIBELATE ライト級王者



^