芦澤竜誠選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/4/10

2017年4月16日(日)にディファ有明で行われます「REBELS.50」にて古谷野一樹選手と対戦いたします、芦澤竜誠選手のインタビューを公開させていただきます。

── 伊藤健人選手の怪我で急遽試合を受けていただき、ありがとうございます。竜誠選手の事はイノベーション時代によく試合を見てました。リーチがあり非常に危ない武器を持ったいい選手で、ダイヤの原石だと見てました。そんな竜誠選手ですが、イノベーションからK-1に移ってきたのはどういった夢があってのことでしょうか?

竜誠 俺は1番強い男、なんのルールでも強い男になりたいんですよ!!立ち技だけじゃなくて。それが俺の夢です。立ち技だけで強いと、寝技があれば竜誠に勝てるとか言う馬鹿がいるんで、そんな馬鹿に寝技ありで勝てば俺が一番強いって言えるかなと。だから、その為にまずは立ち技、K-1を制覇する事。その為に山梨から出てきました。

── えっ、将来総合も視野に入れてるという事ですか!!初耳ですが、ではまずはK-1のチャンピオンを目標に?

竜誠 いやいや、K-1のチャンピオンを目指してる訳じゃないっす!チャンピオンになるのが目的じゃないんですよ。俺は背も高いんでドンドン階級上げていって、チャンピオンとかチャンピオンじゃなくても強い奴を食っていって、3階級くらい食いたいっすね。で、ベルト要らねーってベルトを返してやりたいっす(笑) 目標は一番強い漢になる事なんで。

── そうですか……いいですねぇ。チャンピオンになりたいという選手が普通なのに、「強い漢になりたいだけ!」というシンプルな回答を持った選手は初めて見たような気がします。そんな中今回急遽参戦が決まりましたが、試合を決断した理由を教えてください。

竜誠 まあ、別に断る理由もないし、最初(梶原)龍児さんからいい話があるからと言われたんですよ。で、何かなと思ったら「来週日曜試合だから」って言われて、龍児さんに言われる事はファイターとして絶対なんで、別に怖くも無いしやろうかなって感じですね。いい小遣い稼ぎになるんで。

── これが俺のやり方だとTwitterで呟かれていましたが?

竜誠 自分は山梨からK-1に、一番強い漢になりたくてきたんですよね。まあ、5月も決まってたんで断っても良かったんですけど、ここで断って逃げたとか言われたくないし。むしろREBELSチャンピオンなんで美味しい相手だし、そいつも食って、大岩選手も食って、俺がスターになってやろうかなって。だからピンチはチャンスですね。まあピンチとも思ってないんで。チャンスはチャンスです。

── 対戦相手の古谷野選手は、パンチも強く好戦的な選手です。周りからの反応はどうですか?

竜誠 みんな、絶対面白いって言ってくれますね。みんな、古谷野強いって。でも、八神選手なんて俺、2年前にやんちゃしてて練習してない時に、判定ですけど倒してるんで。そんな選手倒しても俺なんとも思ってないっすから。でもまあみんなが面白い選手だって言うから、俺とやれば面白い試合になる事は100%でしょ!

── では古谷野選手との試合が決まってテンション上がってる感じですか?

竜誠 テンション上がるというか、古谷野選手はREBELSで1番なんですよね?だから、そこを倒しとけばもうこっちには来れないでしょ。俺が止めたいですよね、REBELSの進出を。まあ、来れる実力があるかどうかは俺を倒せばわかるんで。

── 竜誠選手に変わった時に、かなり面白い!って声が上がったのは事実ですね。期待できますね~~どんな試合になりそうですか?

竜誠 絶対に倒れますね、どっちかは。まあ俺が倒すんですけど(笑) 今回REBELS、50周年記念大会なんで、

── いや、50周年じゃないですよ!(笑) そんなんだったら日本で1番古い団体になっちゃいますから!!50回大会です(笑)

竜誠 あっ、そっか……(笑) 50回記念大会ですけど、間違いなく俺と古谷野選手の試合が1番面白いから。まあ、俺が面白いんだけど(笑) 俺はなんでも倒せるんで!パンチでも蹴りでも膝でもなんでも。レベルの違いを見せるような試合、これがKrush・K-1選手だってのを見せますよ!せっかく呼んでもらってるんで。

── では最後に古谷野選手にメッセージをお願いします。

竜誠 今回急に試合決まって、舐めてるとか思ってるかもしれねーけど、俺は今が1番強いし絶好調だから、死ぬ気でこいよ!俺も死ぬ気で行くから。喧嘩みたいな試合がしたいっすね。二人で盛り上げて、で、結局最後はお前が倒れる!以上!バーン!(拳銃で撃つポーズをしながら)

○プロフィール
芦澤 竜誠
所  属:K-1ジム総本部チームペガサス
生年月日:1995年5月1日生まれ
出  身:山梨県
身  長:175cm
戦  績:21戦16勝(11KO)4敗1分



小鉄選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/4/7

2017年4月16日(日)にディファ有明で行われます「REBELS.50」にて小西拓槙選手と対戦いたします、小鉄選手のインタビューを公開させていただきます。

── よろしくお願いします。あれ、REBELS Tシャツですけど……。

小鉄 REBELS出るんで、やっぱこれかなって。(ニヤリ)

── 小鉄選手がREBELS Tシャツ持ってるの意外ですね。

小鉄 いや、僕は前にスクランブルにいたんで持ってますよ(笑)

── そうでしたね!T-98選手とも仲良いですもんね!

小鉄 そうっすね。結構会ってますよ。こないだも会いましたし。

── ところで今回のREBELSに出ることになったのですが、どうですか?REBELSに出るなんて思ってましたか?

小鉄 いやー全く思ってなかったです!会長から話を聞いた時、いやーまた冗談でしょ?えっ?まじなの?って。

── そんな小鉄選手ですが、REBELSに対しての印象ってどんなものを持ってますか?

小鉄 ムエタイに関しては素晴らしいですよね!これは本当に!

── そうですよね、T-98選手とかヤスユキ選手とかいますしね。ではムエタイ以外のルールもあるんですけど、それについてはどうですか?

小鉄 いや、日菜太もK-1に来ちゃったし……正直誰がいるかも分からないっすね、マジで。

── ……そ、そんな中、小鉄選手は、前回はBigbangに出たりと他団体出場が続いてますが、本音はやはりKrushに出たい?

小鉄 そうですね……そういう気持ちはありますけど……しょうがないっすね、結果出してないんで。

── では今回の小西選手との試合はどんなステップと捉えてますか? 小鉄 どんなステップ……うーん、あれっすよ、今回の試合にしっかり勝って、またKrushに呼んでもらえるようにしたいっすね!

── K-1で70のトーナメントもありますが、そこに絡んでいきたいとかはありますか?

小鉄 そうですねぇ。でもそのへんは今は何も言えないんで、あれですけど……また絡んでいきたいっすね。その為にやってるんで。

── 今回対戦する小西選手の印象はどうですか?

小鉄 印象?うーん……70kgの日菜太がREBELSからK-1に来ちゃって、小西君しかいなくて可哀想っす。

── そ、そこですか……とは言っても小西選手もそんなにREBELS出てるわけでは無いんですけどね(笑)もしかしたら、小西選手もK-1に出たいと思ってるかもしれませんよ?

小鉄 いや〜、でも正直、俺はKrushでトップどこに勝ってないんで、俺に勝ったところで……って感じっす。

── …………そ、そうですか……では小西選手のレベルはどの程度と読んでますか?

小鉄 まぁまぁじゃないですか?強いと思いますよ。

── 今回のK-1の4人とは、どうですか?

小鉄 いや、そこは4人には入れないでしょう!(キッパリ) 弱くはないですけど、微妙なとこですよね。

── 映像どうですか?チェックしましたか?

小鉄 見ましたよ!パンチ強いっすねぇ~。 ── 弱点とか、ありましたか?

小鉄 弱点……?一杯あるんじゃないっすか?一杯あるけど、今は言えないかな。(ニヤリ) まあ、噛み合いそうな感じはしますね。

── かなり派手な打撃戦になりそうだなとみんな想像していると思いますが、どうですか?

小鉄 そうっすかねぇ、なりますかねぇ。(ニヤリ) 理想の勝ち方は派手な打撃戦とかじゃなくて、開始2秒て倒すとかなんですけどね。そしたら飲みにいけるじゃないですか(笑) あと気になってるんですけど、小西選手、パンツにYONEXのロゴ入ってるじゃないですか?スポンサーですよね?あんな一流メーカー、どうやって付けたのか気になるんで、聞きたいなぁ~~。

── 確かに、中々付けられないメーカーですよね!そしたら、試合終わったら小西選手に直接聞いてください(笑) では最後にファンに向けてお願いします。

小鉄 会場にいる人はみんな楽しませたいですし、今回は僕がいたスクランブルの会員さんもいるじゃないですか。だからそういう人達に良い試合を見せたいですね!

○プロフィール
小鉄
所  属:K-1ジム目黒 TEAM TIGER
生年月日:1983年6月10日生まれ
出  身:千葉県
身  長:178cm
戦  績:25戦12勝(8KO)13敗



小西拓槙選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/4/7

2017年4月16日(日)にディファ有明で行われます「REBELS.50」にて小鉄選手と対戦いたします、小西拓槙選手のインタビューを公開させていただきます。

── まずは、今回のREBELSでこれまで交わることが無かったK-1ジムの選手との試合だと聞いた時の、感想を教えてください。

小西 おっやっと来たな!って思いましたね。まあ、僕は今回からクロスポイント所属ということで、山口さんからK-1の選手とやるよと聞いた時に、驚きと喜びと両方という感じでしたねぇ。

── ではモチベーションは高まってるんじゃないですか?

小西 勿論です!僕は昔の地上波のK-1に出たくて出たくて、キックを始めたんですよ。K-2も優勝してますし、デビュー戦もKrushですからね(笑) 6戦してます。だから、このチャンスをしっかり物にして「K-1にあげてください!」ってアピールしたいですね。K-1のチャンピオンになるのが目標ですから。

── K-1の70kgには同門の日菜太選手がいますけど、そこらへんはどうですか?

小西 そうですね……日菜太さんとは同じジムで練習してますけど…………うーん……そうですね、ファイトスタイルも違いますし……まっ1つ上の先輩ですし……

── 言いづらい事がある?(笑)

小西 いや、そんなんじゃないですけど、うーん、盛り上げる試合は僕の方が出来ると思ってます。(キッパリ) まとまった試合をされるとは思うんですが、面白い試合かと言うと僕は決してそうは思わないですし……。

── 激闘なら俺に任せろ!的な感じですか?

小西 はい。それは任せてください!僕が好きだったK-1というのは、そういうのじゃないかなと思いますし、今もそうですよね。地上波だったから、コンセプトは誰が見ても面白い試合だと思ってますね。だから、今回のK-1に日本人4人でますけど、僕の方が絶対面白いやろって!逆に誰がオモロイの?って。みんな外国人に苦手意識持ちすぎ!僕やったら、外国人のプレッシャーに負けずにガンガン打ち合って見せますねん!

── そんな中で小鉄選手との大一番は大切な試合かと思います。試合のイメージはどうですか?小鉄選手もKO出来る選手です。激闘になりそうな予感がプンプンしますね?

小西 まあ、向こうが逃げなければ。(ニヤ) 僕は逃げないんでね、今回は小鉄選手にこちらに来て頂く訳ですから、僕はしっかりと向き合って闘いますよ!

── 小鉄選手はこれに勝って、Krushに戻りたいと言ってますが、それについてはどうですか?

小西 戻りたい……うーん、なんか放り出されたわけじゃないでしょうしねぇ……今回僕に勝たないとKrushに戻れない訳じゃないだろうし……もしかしたら彼なりの事情があるのかなぁ……あまりそこは良く分からないですね。

── まあ、戻れない訳はないですけど、その位の覚悟なんだと思いますよ。そんな覚悟の小鉄選手とどんな試合になりそうですか?

小西 とにかくお客さんが喜んでくれればって思ってますね。僕も去年の8月のKunlun Fightが2年ぶりのREBELSで、それ以来ひさひざの日本での試合なんで、お客さんを楽しませたい!今、いい緊張感の中で練習出来てますし、練習環境に恵まれてますし。強い選手ばかりいるジムに晴れてメンバーになれたわけで、かなり揉まれてますけどそれがいい結果に繋がるかなと思ってます。

── クロスポイントは日菜太選手とかT-98選手とか70kgの選手いますもんね。練習環境はいいですよね。

小西 そうですね、僕の階級だけでなく下の階級でもチャンピオンクラスがゾロゾロいて、テクニックで言うたら瑛作とか本当にすごいんです。平気でこかされますし、普通にバランス崩されますし、フェイントも上手いしねぇ。下の階級だからといって全然侮る事が出来ない後輩達なんで、誇りを持って「技術教えて?」って言ってますね(笑) 不可思とか潘とか彼らの間合い、蹴りのタイミングとかね。不可思ならハイのタイミング、潘なら前蹴りや左ミドルのタイミング、1つ1つを得ようとしてます。僕も30になりますけど、いつまでもスポンジのような選手でいたいんです。

── なんか話を聞いていると充実して、強くなってるのを実感しているのがよくわかります。

小西 そうですね、強くなるために東京に来たし、強くなるためにクロスポイントに入ったし、有名になるために今練習してるんで!ここで勝って、K-1に呼んでもらって、ベルトを巻きたいです!

── では最後に小西選手のここを見て欲しいというところをアピールしてください!

小西 すばり速さですね!70kgでは僕は速い方だと思ってるので、スピードに注目して欲しいです。スピード感のある試合を楽しみにしててください!

○プロフィール
小西拓槙
所  属:クロスポイント吉祥寺
生年月日:1987年7月21日生まれ
出  身:大阪府
身  長:178cm
戦  績:25戦19勝(9KO)5敗1分



闘ふ神主 櫻木崇浩選手 インタビュー公開!

インタビュー

公開日:2017/4/7

2017年4月16日(日)にディファ有明で行われます「REBELS.50」にて八神剣太選手と対戦いたします、闘ふ神主 櫻木崇浩選手のインタビューを公開させていただきます。

── 八神剣太選手のインタビューは読みました?

櫻木 はい。読みました!八神選手らしいなと(笑)

── 共感する部分とかありましたか?

櫻木 うーん、ベルトがかかっていると中々ガンガンいけないってとこは同じですかねぇ……勝ちたいという気持ちが強くなっちゃいますねぇ。

── 八神選手のことはどんな選手と捉えていますか?

櫻木 トリッキーで、実際リングで対峙したらやりにくいんだろうなと思いますね。ビデオとかは見てますが、特別に対策を立てているわけではないです。過去に稲石選手ともやった事あるので、オーソドックスなスタイルを貫いて前に出て闘えば大丈夫だと思ってます。

── 今回はREBELS-MUAYTHAIのタイトルマッチという事ですが、モチベーションの方はどうですか?

櫻木 僕はデビュー戦もREBELSだったし、その後も主にREBELSに出てたので、REBELSのチャンピオンになるのが目標でしたから、嬉しかったですねぇ。絶対に取りたいと思ってます!

── フェザー級は、八神選手が言ってたように群雄割拠の状況だと思いますが、特にやりたい選手とかいますか?

櫻木 そうですねぇ、NJKFのMOMOTARO選手とかは気になりますね。あまり僕と相性がいいタイプとは言えないのですが、やはりWBCのベルトは欲しいので。後は駿太選手とか是非やってみたいです。あとは引退されちゃいましたけど、一戸総太選手とかお願いしてみたかったです。

── バンゲリングベイから、故郷に帰り、移籍して武勇会に所属しましたよね。バンゲリングベイにいた時は、パンチを中心に組み立てるタイプだったような記憶があります。しかし、久々に1月のREBELSでは、首相撲を中心に闘うスタイルに変化してました。それはやはり、ジムが変わったのが原因ですか?

櫻木 そうですねぇ、バンゲリングベイの時は東京の神社に勤めてたので、練習時間が中々合わなくて一人で練習する事が多かったんですよね。サンドバッグとかミットやるくらいで。でもこっち(愛媛)に来てからは、対人練習が沢山出来てるのが大きいと思います。首相撲も前は仕事の関係で時間が合わなくて出来なかったですが、今はアトム山田さんや狂平さんなどとたっぷり出来てますし、マススパーも会員さんなどが凄く上手いんですよ!だから全体的な練習量が増えましたね。

── 1月の試合では、Phoenixx祥梧選手を身体の強さと首相撲で完封してましたもんね!

櫻木 前回のPhoenixx祥梧選手は、パンチが得意なタイプですから、首相撲で行っただけですね。武勇会さんに来て、フェザーに落としてからは身体の強さを活かしたスタイルが出来てきたかなと思ってます。

── かなり自分の得意なスタイルが分かってきて、特性を活かした闘い方を身に付けてきつつあると、1月の試合を見て思いました。今後の目標とかはどこにおいてますか?

櫻木 WBCのベルトは欲しいですね!それからKNOCK OUTは出たい!僕はKNOCK OUTする選手ではなく、KNOCK OUTされにくい選手ではあるんですが……(苦笑)

── 今回の試合の結果次第では、どうなるか分かりませんからね!さて、話は変わるんですが最近ご結婚されたそうですね?

櫻木 はい!武勇会でインストラクターをしてるのですが、クラスの生徒さんと結婚しました!

── えっ?インストラクターもやられているんですか?神主の仕事以外に?専業だと思ってました!

櫻木 いや〜〜地方の神社は厳しくて神主だけでは食べていけないんですよ……(涙) 大きい神社やお寺なら、いいんですが……。

── そうなんですか、これはまたキックとは全然関係ない話ですが……では神主以外にもお仕事をされてるんですか?

櫻木 基本は神主ですけど、家の一部を改造してパーソナルトレーニングジムも経営してます。まあ、田舎なので、東京みたく沢山の方が来てくれる訳ではないですが、それでも来てくれる方はいるんですよ!そして、自分の家にトレーニング設備があるおかげで、いつでもフィジカルが出来るようになって身体が強くなったという利点がありましたね(笑)

── それは一石二鳥ですねぇ。まさか、神主さんの経済状況が聞けるとは思いませんでした。それでは、最後に16日の試合に向けて、意気込みをお願いします。

櫻木 八神選手がインタビュー通りガンガン来てくれたら、それに僕も応えます。いい意味で八神選手の良さを消す試合をします!!

○プロフィール
闘ふ神主 櫻木崇浩
所  属:武勇会
生年月日:1986年5月24日生まれ
出  身:香川県
身  長:164cm
戦  績:20戦12勝(1KO)6敗2分



^